正しいケアの実践を

正しい保湿に際し、どのようなアイテムを選択から用いれば良いのか、施すに際しての注意点にはどのようなポイントが存在するのかを理解されている皆様からすれば、俄には信じ難い、ある特徴的な「誤解」の存在が見逃せません。それは要保湿すなわち皮膚の表面上の水分が不足している状況自体の誤解釈から、更に症状を悪化させる処置を実践されてしまう展開です。

アトピーを始めとする皮膚上のトラブル改善に求められるのは「水分の維持」「清潔な皮膚環境」であるとの解釈に間違いはありません。ところがこれらに対し、過剰な頻度で患部を洗う、清潔優先故に天然成分以外の洗浄効果を有する物質が含有された洗顔剤や石鹸を用いてしまうなど、いずれも結果患部を傷めつけるばかりの作業を施されてしまう方々が、残念ながら存在している事実が見逃せません。

特に洗浄効果を有する成分を用いての洗顔は、一時的に激しく皮膚の表面を乾燥させます。更に微粒子レベルの研磨剤系の物質が混在していれば、弱り切った患部に擦り傷が生じて当然です。繊細な患部に無用な外部からの刺激は禁物であり、処置を施すに際してはアトピー肌に用いても安全面が約束された製品を正しく選択から、細心の注意を払っての実践が欠かせません。

鍵を握るバリア機能

肌のバリア機能なる文言は、皆さんも目や耳にされたご記憶をお持ちに違いありません。アトピー発症の原因とバリア機能の関係を伝える関連情報も数多い一方、具体的にこの「バリア機能」がどのような役割かと問われれば、回答に窮される方もおられる事でしょう。

バリアとは外部からの招かざる刺激や物質の到達を防ぐ「膜」であり、その部位が皮膚であれば当然、外部から異物や無用な刺激が体内に及ぶリスクを防御する役割を意味します。私達の体内への混入が最も懸念される存在としては、悪しき各種細菌が見逃せません。極めて小さな細菌は毛穴や汗腺など、僅かな体内と通じるポイントを見逃さず、体内への侵入を常に企てていますが、健康かつ正常な状態の皮膚であれば、バリア機能の働きを通じ、こうした諸々の侵入を防ぐ事が可能です。

アトピーを始めとする一連の皮膚のトラブル発症は、このバリア機能の低下から、皮膚表面上に細菌の混入が確認された状況に他なりません。このバリア機能を適正に保つ上でも保湿が欠かせず、このメカニズムもまた「アトピーには保湿が必須」を裏付ける理由の1つです。乾燥肌の場合、このバリア機能が十分作動可能な皮膚環境とは言えず、放置すればアトピーのみならず、他の対内外のトラブルのリスクを手招きしてしまう確率が高まり、注意が欠かせません。

参照ホームページ:https://www.hadajuntou.com/
肌のバリア機能に注目して開発されたアトピーケア化粧品「みんなの肌潤糖」です。

発症のメカニズム

ここではいきなりアトピー発症の原因を掘り下げる前に、患部となってしまう私達の肌すなわち皮膚が、肉体上担う役割についての検証から話を始めさせていただきます。ご存知の通り私達の身体の大半は「水」から構成されています。水分が不足すれば喉の渇きなる自覚症状を通じ、身体内の水分が不足している危うい状況を認識します。勿論尿や汗を通じ、身体内の要排泄物を体外に送り出す役割を担うのも水分ですが、無用な蒸発は出来る限り防がねばならず、その役割を皮膚が担っています。

この大切な機能に異変が生じる、あるいは不十分な状況下で生じるのが乾燥肌と称される症状であり、アトピー発症のリスクが一気に高まる皮膚の状態に他なりません。アトピーに保湿が欠かせぬ理由がここに存在していますが、このメカニズムを十分理解せず、単に保湿作業に勤しむばかりでは、本当の意味でのアトピー対策を講じているとは必ずしも言い切れません。

アトピーという皮膚のトラブルが、私達の身体の大切な機能が正常に作動していないリスクを知らせていると解釈すべきであり、アトピーの症状の鎮静化を確認した時点で安易に「全快」と解釈せず、皮膚表面のみならず皮下組織の健康状態の根本的な改善を視野に捉えての対応が求められます。

アトピーを正しく知る

幼い頃からアトピーに悩まされ続け、ようやく症状が沈静化したかと思えば、成人後一定期間を経過しての再発に再度苦しめられる方々は全国各地に数多く、それぞれが完治に向けて日々努力を重ねておられます。アトピーの原因と対策に関しては「乾燥肌」「外部からの刺激は天敵」「保湿が不可欠」などの基礎知識が周知されていますが、当事者からすれは日々の実践は大変です。

何より他の皮膚のトラブルとは異なり、安易に薬品などを用いる事で症状を悪化させるリスクが否めず、肌の表面の状態が極端に繊細となっているため、誤情報を鵜呑みにしてしまっての僅かな不適切な処置が結果、更に症状を進行させてしまう懸念が常につきまといます。アトピーのケアに関しては、皮膚科の専門医からの指導や、各医療機関から配信されるサイト上の関連情報など、信憑性に不安が見当たらぬ情報を正しく選択の上、自身にマッチした対策の的確な実践が欠かせません。

それと同時に専門的な知識として、アトピーが発症するメカニズムと要となる肌のバリア機能に関してなど、押さえておくべきポイントが幾つか存在しています。ここでは「肌のバリア機能」に視線を合わせて分かりやすい説明をお届けします。ご自身が現在有されている知識の再確認作業も兼ね、肌のバリア機能が低下する原因と、それによって引き起こされる悪しき症状に関してなど、ご自身に現在生じているトラブルを正しく理解する上でも、ぜひ最後までご一読ください。