鍵を握るバリア機能

肌のバリア機能なる文言は、皆さんも目や耳にされたご記憶をお持ちに違いありません。アトピー発症の原因とバリア機能の関係を伝える関連情報も数多い一方、具体的にこの「バリア機能」がどのような役割かと問われれば、回答に窮される方もおられる事でしょう。

バリアとは外部からの招かざる刺激や物質の到達を防ぐ「膜」であり、その部位が皮膚であれば当然、外部から異物や無用な刺激が体内に及ぶリスクを防御する役割を意味します。私達の体内への混入が最も懸念される存在としては、悪しき各種細菌が見逃せません。極めて小さな細菌は毛穴や汗腺など、僅かな体内と通じるポイントを見逃さず、体内への侵入を常に企てていますが、健康かつ正常な状態の皮膚であれば、バリア機能の働きを通じ、こうした諸々の侵入を防ぐ事が可能です。

アトピーを始めとする一連の皮膚のトラブル発症は、このバリア機能の低下から、皮膚表面上に細菌の混入が確認された状況に他なりません。このバリア機能を適正に保つ上でも保湿が欠かせず、このメカニズムもまた「アトピーには保湿が必須」を裏付ける理由の1つです。乾燥肌の場合、このバリア機能が十分作動可能な皮膚環境とは言えず、放置すればアトピーのみならず、他の対内外のトラブルのリスクを手招きしてしまう確率が高まり、注意が欠かせません。

参照ホームページ:https://www.hadajuntou.com/
肌のバリア機能に注目して開発されたアトピーケア化粧品「みんなの肌潤糖」です。